2017年8月18日金曜日

暑いときは、コレ。大人な飲み物です^^

博水社 ハイサワー アオリンゴ

焼酎で割って飲むためのものなんで、酸が強めです。
暑いときに氷をたっぷり入れても、薄まった感じがしませんね、
これを飲むと、いわゆる清涼飲料が甘く感じて仕方ないです。
ほかのフレーバーは、レモンとグレープフルーツがあります。

暑いときに是非。

缶ビールもグラスで飲みましょう!

ダイソーのワイングラスで飲むプレ・モル。
100均商品だけど、容量も500mlほどあるし、
350mlの缶ビールなら、ちょうどいい量感です。

お酒は、器でかわります。


2017年8月16日水曜日

ホント、夏ですね~

いやぁ~暑いですね^^
ワインを店内に在庫してるんで、外は暑いですが、
店内は、24度で温度管理をしています。
万円クラスの高級ワインなら14~15度が適温なんですが、
当店が扱うカジュアルなワインなら、24度で問題ありません。


15度とかだと、完全に季節が違うんで(笑)
それなりのいでたちでなきゃいけませんけど、
24度なら、まぁ、ガマンもでき・・・
いや、右膝が冷えて痛いです(笑)

ここに出てる画像は、試飲と言うか、テイスティングと言うか、
売ってる商品の理解を深めると言うか、
まぁ、店で飲んでる画像です。
上から、一言のショートコメントを。


頂・高アルコールを謳ってるだけありますね。ベースのリキュールの
ニュアンスに好みがわかれる感じです。

キリン ラガー・久々に飲むと、まぁ、苦い(笑)一番搾りと飲み比
べると、なるほどね~となる違いがわかるんで、おもしろいです。

ハイサワー アオリンゴ・こちら、ノンアルです。キンミヤ焼酎1に
アオリンゴを3の割合で割って飲む商品です。割るのが前提なんで、
酸味がしっかりしています。氷たっぷりでゴクゴク飲んで~

淡麗グリーンラベル・これも、久々です。いつだったかなぁ~淡麗が
出たのって。ウィキペディアによると1998年ですと。19年前。
ワタクシ31歳です。この時は、まだ会社員でしたね。
始めて飲んだ時の印象は「ナンヂャコレ」でした。当たり前ですが、
ビールより、明らかに薄いんですね、味わいが。でも、飲み続けて
いると、口が慣れて、キリンさんも細かい改良をへて
「さらに美味しく」なって今に至ってます。グリーンラベルも、初
めて飲んだ時は「ナンヂャコレ」でしたね(笑)
でも、久々の試飲だと「あれ、おいしいやん??」
メーカーの方の努力を感じます。

オリオン 夏限定「夏いちばん」・アサヒビールとオリオンって
業務提携してるんですね。てっきり買収されたのかと思ってまし
た(笑い)沖縄から本土までの輸送コストを考えると、アサヒに
オリオンを作ってもらい、オリオンは、沖縄でアサヒ製品を作っ
ているんですって。酒屋として、これくらいは知っておかなきゃ。
ベースが暑い沖縄で、美味しく感じられるように、サラッと喉で
飲めるアメリカンタイプの味わいになってます。オリオン飲んで
バドワイザーを飲むと、はっはぁ~んそういうことね^^と、理
解が深まりますよ^^

加水率100%の加藤が焼く「加トパン」を仕込みつつ・・・
プレミアムモルツ 薫るエール・これもメーカーさん、頑張って
ます。飲み比べると、あきらかにフルーティです。
でも、なぜかイマイチ売れてくれない。クラフトビール的なフル
ーティな味わいは好みがわかれるんでしょうかね。
美味しいんですけどね。僕はスキですよ。

最後は、ワインを飲みつつお昼ごはん。
松山の小さな会社から買ってます。画像は開けて2日目。このワ
インも含めて、当店販売のワインは、すべて飲んでから販売して
ます。やっぱり飲まなきゃ、味わいを理解しなきゃ、ワインって
売っちゃダメだと・・・いやいや、お酒全般んですよね。売って
る商品の味わいを理解してないと、説明できませんものね。
ワインの味わいのほうは、リンクを参照していただいて、お料理
の相性についてでも。赤ワインは、味わいを構成する要素が多く
って、ヤヤコシイハナシになっちゃうんですが、かいつまんで。
2日目のワインに合わせる料理なわけです。2日目なんで、味わ
いは、昨日の味わいを思い出して作る料理を決めていきます。
このワインは、果皮の油脂分に由来する胡椒を思わせるスパイス
感があったのと、一緒に搾汁されることで、ワインの味わいに奥
行きをつけてくれてい種や軸のイイカンジのエグみに寄せて、
豚とニラの卵とじにしました。

この料理にした理由は、下の2点です。
① 胡椒をかけると美味しそうだったから。
② ニラとピーマンのエグさがワインの持つ「イイカンジのエグさ」
  に近いから。

ワインを調味料に見立てて相性を考えてみると、結構シンプルに
答えがみつかるんで、オススメです。

さて、お昼ごはん、作りまっさ。

2017年6月15日木曜日

通販向けのメルマガですが、こんな感じに発信しております。

今週は、いきなりワインでないハナシから。酒屋な当店なわけ
ですが、父親から商売を引き継いだ段階で、ウチ独自の商品っ
て扱えないんだろうか?ってずっと思ってました。一番わかり
やすい例なら、アサヒスーパードライは、誰がいくらで販売し
ても、ドライはドライなわけです。
そこで当店は、お米に目をつけたんです。お米と言うのは、毎
日食べるもので、口に合っちゃうと、買い続けてくださるもの
なんで、他で売ってなければ、ウチから買い続けてくださると
言う事で、顧客の囲い込みが出来るやん、と。
やり始めのころは、美味しくて、チラシ撒いちゃおう!と勢い
込んで売りまくってました。でも、気づいたんです、スーパー
ドライなら、売れたら問屋に発注すれば、翌日に入荷するんで
すが、お米の追加は、次の稲刈りまでできません。すんごく当
たり前のコトですが、あらためて気づいた34歳の頃でした。
あれから月日が流れて、売れる量も安定し、今に至っておりま
す。田植えから3週間が経過し、ただ今の状況がこちらです
ずっと遡ってもらうと2012年ころまで遡ってもらえます。安心
とオイシイのキーワードは、超減農薬と、減肥料、細植えと寒暖
の差ですね。まぁ、めんどくさい農法にお付き合い下さっており
ます。


・・・・・・・・・・

こちらは、大文字屋が酒屋の店舗で自炊するときの主食です。
精米していない状態で炊飯するんで、当たり前ですが、成分は
そのまま玄米なんですが、食感だけが、白米になったごはんで
す。これで、大文字屋は、かなりの減量に成功しました。
玄米食と言うのは、積極的にヌカを摂取するんですが、冷静に
考えて、農薬がかかったモミの次が、ヌカなワケなんですよね。
そこを積極的に食べるんですから、農薬散布の状況がつかめて
ないと怖いんですよね。知らぬがホトケなんて言いますが、稲
作を知っちゃったばっかりに、他の玄米は食べれなくなりまし
た。シンプルな炊飯法ですし、玄米が純粋に美味しいんで、自
炊は玄米となっております。しっかりデトックスで身体の内側
からキレイにです^^

問答無用でゴハンがススム一皿作りやすいレシピをま

とめています、レッツ・トライ!


・・・・・・・・・・・・・・・

ワインに寄せたフライパンで焼き鳥風

ごはんネタに続いて、ゴハンがススムおかずです。焼き鳥風
に仕上げてみました。普通焼き鳥風なら、濃口しょうゆと味
醂なんでしょうが、たまたま味醂が切れておりまして、バル
サミコ酢を使ってます。ゴハンがススマナくなるわけではあ
りませんが、味醂より明らかにワインはススミます。ネギの
風味も、赤ワインに含まれる軸や種子のエグみの様な味わい
の要素にぴったりです。今回は、赤も白も泡も提案させても
らいます。
ワインと料理との相性を推しはかるときの基本は、その料理
にどんな調味料をかけたいですか?です。調味料を想像しつ
つ提案させてもらいましょう。

赤ワイン
    

白ワイン
    

泡モノ
    


今回は、お米の事をそこそこ推してるんで、お米を絡めたご
注文を優遇しちゃおうかと。

例↓こんな感じ↓にセット組して下さい↓例
お米関係合算5kg+ワイン4本から送料無料となります。
今週は合計金額から200円引きで、6月末までご奉仕させ
て頂きます。この機会に是非!

送料無料について詳しく←そこそこ柔軟に対応させて頂いて
おります!

・・・・・・・・・・・・・・・

木曜日は酒屋の店舗で自炊です。

週三回を酒屋の店舗で自炊しておりまして、ワインに合う一皿
を心掛けて(←心がけておりますよ~)ます。これは、ササミ
のトマト煮込みなんですが、塩味を赤味噌に負ってます。私見
ですが、赤味噌+トマト=デミグラス風と理解しております。
赤味噌のホロ苦さとトマトの甘酸っぱさが合わさると・・・想
像できません??不思議と味噌感が薄まるんで、オモシロイで
すよ。合わせてるワインは、店頭の片隅で3年過ごしたワイン
です。解りやすく言うと売れ残りですね。
長期にわたって在庫してる商品は、店内の環境がワインの保存
に適してるかの基準となるので、こういう自家消費って、実は
大事なんですよ。(と思うんですけどねぇ)
このワインは、カベルネフラン100%です。コルクを抜いた途
端に周りにまき散らされるベリー香にホッとし、口に含んで、
チャーミングな酸に少し丸みを感じるのが3年の年月ってトコ
なんでしょうね。嫌なヒネ感は皆無で、艶感が増した感じです。
と言う事で、店内のワインの品質は、担保されました。
さて、デミグラス風味な一皿に合わせるなら、赤ワインでしょ
う。これまた私見ですが、赤ワインに含まれる、軸や種子のい
いエグみに寄せるには、どうしたら良いか??回答→ニラやピ
ーマンを加える。これ、けっこう解りやすいんで、是非お試し
ください。特にボルドー的な味わいの価値観のワインには、ド
ンピシャですから。

    
ドメーヌ・ド・バッサイユ マディラン 

どれも、しっかり苦渋な味わいです。「ワイン、飲んだなぁ~」
と思わず言っちゃうコト、ウケアイ^^

・・・・・・・・・・・・・・・


2017年6月14日水曜日

おはようございます!本日より毎日更新宣言です!!

↓本日の一曲↓

七条学区の皆様、おはようございます!
ワイン通販.COM Seleced by 大文字屋トップページの
オレンヂ色の「ご近所様ウェブチラシ」バナーの記事を毎日更新
することにしました。

店の前の道木津屋橋通りを西に向いてパチリ。
突き当りは、七条小学校です。
梅雨入りしてるのがにわかに信じられない
雲一つない晴天ですね。

気分をアゲつつ、酒屋の業務をこなすわけですが、
そろそろ6月のチラシでも作らなきゃなタイミングなんですよね。
ザクッと構想をまとめなきゃなんで、書きだしてみようかな。

①七条学区なら、缶ビールのバラでも納品しまっせ~
②ワインを買うなら通販サイト経由が解りやすいよ~
③こんな料理を作ったら、こんなお酒はどないだ~
④暑くなったら、サワーでしょ!家飲みを掘り下げよう。
⑤神吉米はウマイ!イケてる炊飯法&日々のおかず。

こんな感じかな。
①のバラ納品ですが、そんな事をバイトを使って人件費をかけて
やるなんて、絶対ムリだし、誰もしませんよね。でもでも、究極
の自営業な酒販店です。更に小額だし納品先も七条学区限定なん
で、自転車で納品可能だし、ガソリン代もかからない。お子さん
が小さくて、買いに出れないなんて方も、絶対おられるはずなん
で、そこの切りこんで行こうかと。きっと需要はあるはずです。

②の通販サイトを利用するススメなんですが、当店の店内に並ぶ
ワインを、いったいどのくらいあるのかと数えてみたんですよ。
その数336アイテムありました。通販サイトなら、ひとつひと
つの商品にキチンと商品説明をつけて、試飲画像もつけてどんな
ワインかをお伝えできますし、わかりやすくまとめて、見てもら
いやすく整理だ簡単にできますよね。実店舗だと、タナのスペー
スの関係で、細かい分類ごとに見やすく陳列っても限界がありま
すし、小さな値札に手書きで説明文を書こうにも、限界がありま
す。ならば、お手持ちのスマホで「ワイン通販 大文字屋」と検索
してもらって、商品説明を熟読頂いて、サイトから代引きもしく
銀行振り込みにチェックを入れて購入下さると、待ってもらうこ
とも無いですし、ストレスがありませんよね。スマホから一度注
文してもらうと、次の購入の際に前回のデータをスマホが覚えて
くれてるので、住所入力が省けたり、実は、電話で注文下さるよ
り早かったりします。ご近所の方の実例も有りますよ~

③こんな料理を~は、ワイン通販サイトを立ち上げてから以降、
ワインを売るなら料理は必須と、週3回酒屋の店舗でお昼を自炊
する様になりまして、そこそこネタも蓄積してまいりました。
クックパッド「大文字屋のキッチン
フェイスブックページ「ワインと料理とパンと。
↑お手すきの方は、ぜひ↑フェイスブックのアカウントをお持ちで
無い方は、グーグルブロガーの「ワインと料理とパンと。」を参照
下さいませ。テレビ番組で料理のネタが無くならないのは、必ず作
るし、毎日の事だから、みなさんネタに困ってるからなんですよね。
おいおい、そんなの作れるかいな~とか、こんなの味しないよ~と
か言われそうですが、みんな違ってみんないいの精神で、見てやっ
てくださいな^^

④暑くなったらサワーでしょ、は、ウチの飲み屋さんとの話の中で
も、最近芋焼酎が全然売れなくなって、それにとって代わってるの
が「サワー」なんですよ、って声を聞きます。ウチも、飲み屋さん
むけでよく売れておりますし、雑誌やネットでも色んな提案が出て
きております。それを七条学区のみなさまにもフィードバックして
いこうかと。レモンサワーが売れてます!←こちら参照ください。

⑤神吉米はウマイは、炊飯法も含めて、食卓をトータルに提案・・・
ってオオゲサですね(苦笑)ま、おいしいお米を、おいしく食べても
らう料理の提案をやっていこうと思います。

さてさて、ここからウェブ版のチラシ(記事)を作りこんで、
紙媒体のチラシを印刷して、闇にまぎれて配布して。

「今日、なに作ろうかな~」とか、「冷蔵庫にかしわあるし、アテで
も作ってワインでも飲もうか」なんて時には、みなさんのお手持ちの
スマホから「ワイン通販 大文字屋」と検索してもらうのが七条学区の
普通になるように地道に更新していこう~~~っと。




2017年6月13日火曜日

小回りが自慢です!

ネット通販でワインを受注して、カゴに入れて、
自転車の前に乗せて納品すると言う、
なかなか現代的な商売です。
そろそろ納品の時間だわ、と準備してたら、
同じマンションの方からビールとお米の注文が。
こっちは、電話ですけどね^_^

しかし、近所のマンションにお住まいの方が、
何故にネット通販サイト経由でワインをご注文されるのか??
それは、こちらのお客様とお付き合いが始まったのが、
そもそもネット通販だったからなんです。
あるときのご注文で、引越しされたとの事で、
お届けのご住所を確認すれば、
なんと、今住んでる町内と同じ?!?!?!

ま、冷静に考えて、そんな事もありますよね^^


なので、自転車の前かごにネット通販で受注した商品を載せて、
軽快に納品となるわけなんですよ。↑この↑静止画面状態で
どのマンションかわかりますよね^^
大文字屋からほど近いこちらのマンションは、
梅小路公園や鉄道博物館も近くて、
見晴らしもいいんだろうなぁ~
当店の近くにお住まいの方は、絶対解るでしょう。
近くて便利^^



巷では、レモンサワーが売れてます!

巷では、凍らせたレモンを氷代わりに使うスタイルが流行ってます。

↑このリンク先の実践レポは、かなり参考になります。
凍らせた果物で、ウチの商品と絡めるなら、キンミヤ焼酎でしょうね。

素材の魅力を生かす、究極の甲類焼酎  

当店の在庫は、1800mlのパックになります。

大き目のグラスにキンミヤ焼酎を1に炭酸水を3の割合で注いで、
凍らせたレモンを入れて飲むのが基本となりますね。
レモンが氷代わりになるんで、お酒が薄まらないんでいいですよ^^
さらに、一歩進んで、凍らせたレモンをすりおろして使うスタイルも。
↑このリンク先の記事は、なかなか家飲みに活かせるヒント満載ですね^^

ソーダは、こちらがオススメです。
1リッター入りのペットで、かなり強めのガス圧になってます。

キンミヤ焼酎とハイサワー強炭酸に凍らせたレモンと、すりおろした
レモンを入れて飲めば・・・

かなり、大人なノミモノになるんじゃないでしょうか。
凍らせたレモンでひと手間かけて、大人な家飲み、いかがでしょ?

もっとお手軽にってなりますと、キンミヤと割るためのレモン、
グレープフルーツ、アオリンゴと在庫していますんで、お試しください。